イベントマーケティングを始めるなら知っておきたい!そのメリットとデメリットは?

マーケティング/PR

マーケティング界の新しい潮流のひとつとして注目を集める「イベントマーケティング」。しかし、優れた手法も使いどころを間違えてしまうと、十分な効果を発揮しません。イベントマーケティングを始める前に必ず知っておきたいことと、イベントマーケティングのメリット・デメリットをご紹介します。

始める前に、まず知っておきたいこと

イベントマーケティングは、うまくすれば顧客との接点を作り出し、商品やサービスを直接体験してもらえるという高い効果を生み出せますが、必ずしも万能な手法とはいえません。

苦労してイベントを開催しても、運営に不手際が目立ってしまえばイメージダウンにつながります。また、たとえイベントそのものは成功したとしても、その後のアフターフォローがなければ反響を得られず、マーケティング効果は非常に低いものとなってしまうでしょう。

イベントマーケティングを実践する際は、イベントの運営や事務局対応、イベント後の顧客管理や営業活動へのフィードバックなど、そもそもイベントを開催するうえでの受け皿があるのかを十分に検討する必要があります。

イベントマーケティングが効果的な手段といえる、3つのメリット

続いて、イベントマーケティングにおける3つのメリットをみてみましょう。

1. 顧客にリアルな体験を提供できる

製品やサービスを顧客が実際に手に取ったり、使ってみたりすることができるのが大きなメリット。リアルな体験を伴うことによって顧客が受け取る情報は、マス広告やデジタルマーケティングなどを利用した場合よりもはるかに濃いものになるといえるでしょう。特に、体験してみることで違いが明らかになるような付加価値の高い商品では、非常に高い効果を期待することができます。

2. PR効果が高い

来場客がその場に足を運ぶイベントは、雑誌やインターネットなどでちらりと目にする広告に比べて記憶に残りやすく、来場者が拡散しやすいもの。イベントを開催するうえで手間はかかりますが、その分大きなPR効果を期待できます。もちろん、イベント自体がマスメディアに取り上げられれば、来場者以外にもPR効果が期待できることはいうまでもありません。

3. 短時間で多くの顧客にリーチできる

イベントマーケティングを開催する魅力は、なんといっても見込み度の高いと思われる多くの顧客にアプローチできる点にあります。イベント会場に足を運ぶ人は会社が提供する製品やサービスに興味があると考えられ、その後のコンバージョンが期待できます。こうした優良な見込み客に、短期間で多くリーチできるのがメリットといえるでしょう。

必ずしも万能ではない!イベントマーケティング3つのデメリット

イベントマーケティングにおけるデメリットも知っておきましょう。

1. イベントのROIは集客に左右される

イベントを行ううえで最も大切なROIは、一般的に集客といわれています。大きな反響があった場合はいいのですが、予想に反して来場者数が少なかった場合、費用対効果として考えると赤字になってしまうケースも珍しくありません。一方で、集客をあげようとして、本来のターゲットとかけ離れた人にアプローチしても、その後のクロージングに結びつく可能性は低く、本来の目的である購買活動に至らないケースもあります。

イベント開催を考えるうえでは、来場してほしいターゲット層がどれだけいるのか、また、その人達が来場したくなるにはどのような仕掛けが必要なのか、シビアな視点で検討する必要があるでしょう。

2. イベントを知ってもらうための告知活動が欠かせない

どんなに優れたイベントの内容でも、そのイベントが開催されることを知ってもらえなければ、期待した集客目標は達成できません。顧客を集めるためには、自社のリードへのアプローチに加えて、雑誌や新聞、テレビ、Webといったメディア露出による告知活動が必須となります。

これらメディア露出は、全て費用が発生するものです。イベント開催前には、自社でできるリードへのアプローチとメディア露出とをどう組み合わせて告知していくのが最適なのかをプランしておかないと、コストばかりがかかってしまう結果になりかねません。

3. イベント実施はコストと手間がかかる

イベントマーケティングを行ううえでのデメリットの一つとして、イベント自体の運営に大きな手間がかかってしまうことがあげられます。内容や規模にもよりますが、イベント会場や備品の手配、来場客への告知、イベントスペースの空間デザイン、運営スタッフのマネジメントなど、基本的な準備項目だけでも多岐に渡ります。

これらを自社の社員だけでまかなうのは、リソースの面でもノウハウの面でも簡単なことではありません。また、調達項目の多さから、イベントマーケティングは、他のマーケティング手法と比べてコストがかかる傾向にあります。

本当に最良の方法か十分に検討を

イベントマーケティングは、マス広告やデジタルマーケティングにない、顧客にリアルな体験の場を提供することができるのが強みですが、必ずしも高い効果が保証されているものではありません。

イベントマーケティングを実施する際は、自社の商材の特性やターゲット情報を明確化したうえで、さまざまなマーケティング手法と比較検討し、適材適所使い分けていくプランニングが最大のポイントとなります。

?

参考: