社員表彰をしよう!表彰の基準と重要ポイントをご紹介

公開日:2020.04.21

 

多くの企業が従業員のモチベーションを高める仕組みとして社内表彰という制度を取り入れています。社内表彰とは従業員が会社に貢献したことを取り上げて、その功績を讃える制度です。

 

日々の行動や会社への貢献を認められて、全社員の前で表彰されるという経験は、当該社員のやる気を高めるだけでなく、その他の社員に対してもポジティブな影響を与えます。社員のモチベーションが高まることにより、企業業績や生産性に多くのメリットを与えることにもなります。

 

今回は社員表彰の概要と表彰をする際の基準やメリット、その他重要ポイントについてわかりやすく紹介します。

 

 

1.表彰制度の種類と内容

まずは一般的な表彰制度の種類と内容について解説していきます。

 

・永年勤続表彰

永年勤続表彰とは、社員の勤続年数に応じて会社から表彰される制度です。一般的には入社20年、30年という節目のタイミングで表彰されることが多いようです。

日本は終身雇用制をとっていることもあってもっとも馴染みの深い表彰です。

 

 

・定年退職表彰

定年退職表彰は、定年退職に際して会社から表彰されるものです。長年、社業発展に貢献してきた社員に対しての労いという意味が大きい表彰と言えるでしょう。

正規雇用の社員だけでなく、非正規雇用の社員であっても表彰の対象としている企業が多いようです。

 

 

・営業優秀者表彰

営業優秀者表彰も、広く一般的に多くの企業が採用している表彰制度です。一定期間のなかで傑出した営業成績を出した社員に対して与えられる表彰です。

表彰する基準を明確に数字で示すことができるため、成果を報酬などに反映しやすく、社員のモチベーションアップにも役立ちます。

 

 

・改善提案表彰

改善提案表彰は、社内における改善活動に対しての貢献に対して与えられる表彰制度です。

日常の業務改善や、安全活動など社内業務全般の改善に寄与する提案や行動をした社員に与えられる表彰です。

 

 

・職務発明・考案表彰

職務発明・考案表彰は、新製品や新技術などの開発、従来製品の改良などといった社業に有益な開発・考案を行なった社員やチームなどに対する表彰です。特に特許や意匠登録などに対して表彰する企業が多いようです。

 

 

・社名啓発表彰

社名啓発表彰は、スポーツや各種活動などを通じて、社名の知名度向上に寄与したことに対する表彰です。

 

 

・社長賞・年間MVP

社長賞・年間MVPは、営業系で導入している企業が多い表彰制度です。

年間でもっとも活躍した社員に対して贈られる年間MVPや、特筆して讃えられるべき成果を出した社員に対して与えられる社長賞などがあります。

 

 

・努力賞・奨励賞

努力賞・奨励賞には明確な基準がありませんが、今後の可能性や期待に対して贈られる社内表彰です。

 

 

2.社内表彰基準の重要ポイント

社内表彰には、社員のモチベーションアップや離職率を下げるなど多くのメリットがあります。しかし、闇雲に社内表彰を作っただけでは十分な効果が期待できないばかりが、場合によってはデメリットに働いてしまうことさえあります。

 

そうならないためにも社内表彰には以下のような一定の基準を定めることが重要です。

 

 

・わかりやすさ

社内表彰制度の制定に関しては、わかりやさがとても大切です。何についての表彰なのか、会社側はどのようなことを社員に求めているのかをしっかりと提示することが大切です。

 

 

・公平さ

所属部署や担当業務によって、表彰制度の選考に不公平感が出ないようにする配慮が必要です。一定の部署にのみ表彰が集中したりすることが無いように公平で満遍ない基準を作りことが重要になります。

 

 

・明確な基準

表彰対象には客観的で誰にもわかる明確な基準を設けることが大切です。具体的な数値目標や改善効果の測定基準などをあらかじめ決めておくと良いでしょう。

 

 

・努力に見合う報酬

表彰を受けたことによって努力に見合った報酬が得られるようにすることも社員の取り組みに対するモチベーションを高める上では大切な要素です。

 

 

3.ユニークな社員表彰をご紹介

 

ここでユニークな社員表彰を取り入れている2つの会社を紹介します。

 

 

・小林製薬株式会社のホメホメメール

ホメホメメールは会社業績に貢献した社員に対して、社長から直接メールが届くというものです。社長から直接という部分が社員のモチベーションを高めて更なる社業貢献に繋がるというユニークな社内表彰です。

 

 

・えすとコーポレーションの急成長しているで賞

「急成長してるで賞」は、仕事の効率性向上などに貢献したと思う社員を投票で月1回選出するというもの。全社員から認められた人物を投票という形で選ぶフェアでモチベーションが上がる非常に有意義な社員表彰の制度です。

 

お役立ち資料

 

4.まとめ

従業員のモチベーションを高める仕組みとして多くの企業が採用している社内表彰制度。

従業員が会社に貢献したことを取り上げて、その功績を讃えることにより、全従業員のやる気を高めて相乗効果的にポジティブな影響を与えます。

そして従業員のモチベーションが高まることにより、企業業績や生産性に多くのメリットを与えることになります。

 

社員表彰の概要、社内表彰をする際の基準やその他重要ポイントについてしっかり理解することで、社員表彰制度の導入で得られるメリットを十分に享受できるようにしましょう。

 

newsbase お問い合わせ