日程やコストが重要!カンファレンスを管理するポイントを知ろう!

公開日:2020.05.07  更新日:2022.09.30

近年多くの企業では、顧客開拓や既存顧客に対するエンゲージメントの醸成などを目的としたカンファレンスの実施が積極的に行われています。

満足度の高いカンファレンス実施へと繋げるためには、当日の運営業務だけではなく、前日までに行う準備工程や管理項目についてしっかり理解しておくことが重要です。

本記事では、カンファレンス運営には不可欠な業務である管理について、管理する上で押さえておくべきポイントや内容を解説します。

 

カンファレンス・シンポジウムプロデュースをご紹介します

1.カンファレンス管理で重要なポイント

以下では、適切なカンファレンスの実施に向けて、管理プロセスの中で重要なポイントを解説します。

1-1.目的に沿ったカンファレンスプログラムを作成する

適切な管理を行うためには、カンファレンスを実施する目的や目標を明確にする必要があります。

「なぜイベントを実施するのか」、「実施するメリットは」など、ターゲットが定まらないと、それに則したアプローチ手法や集客方法、コンテンツや企画の作成などの枠組みを構築することが難しくなります。

仮に目的や目標が不明瞭のままだと、管理する上での優先事項やカンファレンス実施に対する戦略にフォーカスできません。

したがって、徹底した管理を行うためには、企画段階から目的や目標の明確化、それに沿ったプログラムの作成が必要になります。

1-2.コストの最適化

カンファレンスの効果を最大化するためには、コストに対する管理も行わなければなりません。

カンファレンスの実施には、企画立案から準備工程、当日の運営に至る過程で、一定のコストが発生します。

当然実施する規模によっては、人件費や投じた予算が費用対効果に見合わないといった事例も少なくありません。

そのため、事前にどういった工程にコストがかかるのか、専門企業などにアウトソーシングすることは可能かなど、あらゆる選択肢を含めてコストを管理することで、有益なカンファレンスの実施につなげることが可能です。

1-3.集客や方法マーケティング戦略の選定

カンファレンスの効果を最大限高めるためには、効率的に集客やマーケティングを行うことが重要です。

いくらコンテンツ作成や実施に向けた準備に注力しても、当日集客できた人数が少なければ意味はありません。

そのため、どういった顧客ステージにどのようなアプローチを行うのか、仮定と結果が異なる場合にどのような軌道修正を図るかなど、これらを徹底して管理することで効果的なアプローチが可能です。

また実施を目的化するのではなく、効果測定を含めたカンファレンスの実施を心がけることで、成果や反省点を可視化することもできます。

そうすることで、各種方法の多様化や、組み合わせることで効率よく集客やマーケティングを行うことができるため、集客や集計に対する管理を行うことも重要なポイントの一つに挙げられます。

 

カンファレンス運営の事例ページはこちら

2.カンファレンスでは管理するべき内容が多い!

大小問わず、カンファレンスを企画から準備・運営するには、多大な時間とコストを費やす必要があります。

また、すべての業務を組織内のリソースに頼ろうとすると、かえって業務効率が低下したり、社員にかかる業務負荷が増してしまうため注意が必要です。

そこで、カンファレンス実施の目的や生産性向上に向けて、カンファレンスに不可欠な業務を代行・アウトソーシングしてくれる専門企業の活用を検討しましょう。

専門企業にアウトソーシングすることで、カンファレンスにかかる業務プロセスの省人化及び効率化、ノウハウや過去の事例を吸収することで、より満足度の高いカンファレンスの開催に結びつけることができます。

 

カンファレンス運営の事例ページはこちら

3.カンファレンスの管理代行ならニューズベースがおすすめ!

特にカンファレンス実施に向けた管理代行業務を専門に扱うのが、株式会社ニューズベースです。

ニューズベースでは、カンファレンスを含むイベント業務のアウトソーシング事業に注力しており、効果的に実施するためのノウハウやマネジメント力、オーダーメイドで解決する設計力を兼ね備えています。

また、カンファレンスにかかる業務のトータルサポートだけでなく、各企業の欠けている項目や問題点だけを部分的にサボートすることも可能です。

効果的かつ満足度の高いカンファレンスの開催を目指すなら、一度株式会社ニューズベースまでご連絡ください。

”セミナー・シンポジウム運営事務局アウトソーシングサービス”の詳細はこちら

 

カンファレンス運営の事例ページはこちら

4.まとめ

カンファレンスをスムーズに実施まで結びつけるためには、管理すべき内容にフォーカスして適切に業務を遂行していくことが求められます。

しかし、管理する上で重視すべきポイントや内容を理解していないと、そもそも何を管理するのかわからず、スケジュールに沿った準備や運営が行えなくなってしまいがちです。

そこで活用したいのが、カンファレンス及び各種イベントに関する実績やノウハウを有する専門企業へのアウトソーシングです。

各種業務を代行することで、コア事業へ注力できるだけでなく、プロセスを簡略化しながらそれフォーカスすべき内容に特化できるのでおすすめです。

カンファレンス実施をご検討であれば、株式会社ニューズベースまでご相談ください。

 

セミナーカンファレンス運営代行の見積項目例はこちら

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2024.04.02

イベント運営の大まかな流れを解説!...

自社でイベントを開催するにあたって、経験が少ない場合、何から準備を進めればよいのかわからない、という担当者も多いのではないでしょう...

2020.04.08

イベント企業に就職するためには?仕...

「イベントに携わる仕事がしたい」しかし、イベント企業で働くと言っても、仕事内容から役割、職種など多岐にわたる要素から構成されていま...

2023.07.11

効果的な展示会パネルを作成するため...

1人でも多くの来場者に興味関心を持ってもらえる展示会パネルの作成方法について知りたい担当者も多いはずです。そこで本記事では、効果的...

2019.09.18

誰も教えてくれない、失敗しないセミ...

社内や社外でセミナーを開催するとき、主催者が気をつけるべきポイントはあいさつの仕方です。間違った方法で参加者にあいさつしてしまうと...