面接で優秀な人材を見極める方法や見るべきポイントなどについて解説!

公開日:2021.11.24  更新日:2022.12.27

採用担当者は、自社で長期的に活躍してくれるような優秀な人材を確保するのに必死です。書類だけでは優秀な人材を判断するのが難しいので、面接が重要になってきます。しかし、優秀な人であるかどうかを見極めるのが難しいと感じる採用担当者も多いはずです。

そこで本記事では、面接で優秀な人材を見極める方法見るべきポイントなどについて解説します。1人でも多くの優秀な人材を確保したい採用担当者は、ぜひ最後までご覧ください。

 

採用代行(RPO)・採用イベント支援サービスをご紹介します

面接の目的

面接は、応募者がどのような人物であるかを確かめる機会です。応募者の性格や能力などは、応募書類だけでは全てを判断することはできません。

面接をおこなうことで、応募書類だけでは判断できなかった部分を評価し、自社とマッチする人材であるかを確かめます。そして、最終的なミスマッチをなくして優秀な人材を確保することが面接の目的です。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

面接官の役割

面接は、一回につき30分〜1時間程度と決して長くはありませんが、そのなかでも面接官が果たす主な役割は、以下の2つです。

・応募者を見極める
・自社の魅力を訴求する

順番に解説します。

応募者を見極める

1つ目は応募者を見極めることです。

面接官は自社に合った優秀な人材を確保しなければいけません。そのため、応募者の性格や能力、自社に合っているかなどの人物像を限られた時間内で総合的に判断する必要があります。

仮に能力やスキルが秀でていたとしても、協調性が見受けられない場合や、コミュニケーション能力が不足している場合には、自社に合った部署があるかなどを瞬時に判断して、見極めなければいけません。曖昧な判断を下してしまうと、採用のミスマッチに繋がる可能性があるので、気をつけましょう。

ミスマッチを防ぐためにも、面接官は抽象的な質問ではなく、具体的な質問を考えることが重要です。

自社の魅力を訴求する

2つ目は、自社の魅力訴求です。

面接の場において評価されるのは、応募者だけではありません。面接官も応募者から評価されます。そのため、面接官の態度や言動によっては、応募者のモチベーションを下げてしまい、選考を辞退してしまうキッカケにもなりかねません。

選考辞退を防ぎ、入社したいと思わせるためにも自社の魅力を積極的にアピールする必要があるのです。

しかし、魅力だけを伝えすぎてしまうと、入社した後のギャップに戸惑い早期退職の原因にも繋がる可能性があるので、ネガティブポイントについても正直に伝えましょう。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

優秀な人材を見極められないよくある2つのパターン

たとえ優秀な人材が面接を受けに来たとしても、見極めることができなければ意味がありません。優秀な人材を見極められない担当者によくあるパターンは、以下の2つです。

・客観的ではなく主観的に選んでいる
・これまでの実績やスキルだけで判断している

順番に解説します。

客観的ではなく主観的に選んでいる

応募者を判断する基準として、面接での立ち振る舞いや態度なども大きく影響してきます。しかし、それだけで優秀な人材であると判断するのは非常に危険です。なぜなら、面接の時間は非常に短いため、いくらでも誤魔化すことができるからです。

そのため、本質を見抜くような質問をあらかじめ用意しておきましょう。内容を掘り下げていくことによって、徐々に相手の素顔を知ることができます。それらの内容を客観的に捉えることが大事です。

これまでの実績やスキルだけで判断している

これまでの実績やスキルだけで優秀な人材であるかどうかを判断するのも気をつけましょう。もちろん、仕事において実績やスキルがあれば即戦力としての活躍が期待できるため、企業にとっても非常にありがたい存在となるはずです。

しかし、仕事する上でそれ以上に重要なのがチームワークです。実績やスキルがあっても、チームワークが上手く取れなければ職場で孤立してしまい、早期退職の原因にもなります。

そのため、面接でどのような人物なのか、人柄を確認することも重要です。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

面接官が見るべき7つのポイント

面接官が面接において見るべきポイントは、以下の7つです。

・服装・髪型
・コミュニケーション力
・主体性
・協調性
・誠実性
・チャレンジ精神
・企業理念への共感性

一つずつ解説します。

服装・髪型

服装や髪型が清潔であるか確認します。企業によって服装自由の場合もありますが、リクルートスーツが一般的です。ネクタイが曲がっていないか、スーツに汚れやシワがないかなどを確かめましょう。

また、髪型についても眉毛に前髪がかかっていないか、長髪の場合は髪をまとめているか、奇抜な髪色にしていないかなども見るべきポイントです。

コミュニケーション力

社会人として働く上でコミュニケーション力は必要不可欠です。面接中は、入退室時の挨拶や自己紹介、質問に対してハッキリと答えることができるかなどをチェックしましょう。

成功体験など、応募者自身にまつわる体験談を引き出すことで、さらにコミュニケーション力を測ることができます。

主体性

主体性があるか判断しましょう。主体性とは、自分で物事を判断して行動する力です。

企業としても、将来的に部下を引っ張るようなリーダー的存在となる従業員を求めているはずです。そのため、学生生活において一番頑張ったことなどの質問から主体性があるかを判断しましょう。

協調性

会社では多くの従業員が働いており、一つのチームと言っても過言ではありません。会社員として働く以上、チームの輪に入って多くの人と関わりを持たなければいけないため、協調性も面接で見るべきポイントの一つです。

学生生活や、これまでの人生の中でチームとして成し遂げたことなどについて質問してみましょう。

誠実性

誠実性も判断材料としてチェックしましょう。誠実性とは、「真面目であるかどうか」です。くれぐれも第一印象で惑わされないようにしましょう。第一印象が良くないと言う理由だけで、誠実性がないと判断してしまっては優秀な人材を逃してしまうことに繋がります。

単に緊張しているだけかもしれないので、質問をしていく中で誠実性があるかどうか分析していきましょう。

チャレンジ精神

チャレンジ精神もチェックしましょう。チャレンジ精神がある人は、何事にも興味を示して挑戦するという高いモチベーションの持ち主です。そのため、仕事でもアクティブに活躍してくれる可能性が高い傾向にあります。

チャレンジ精神があるか判断する質問としては、今年に入ってから新しいことに取り組んだことや、失敗を生かして成功に繋げたエピソードなどを聞くと、見極める判断材料の一つにできます。

企業理念への共感性

自社の企業理念に共感していることも重要です。共感していなければ、社風や職場雰囲気が合わず、早期離職の原因になるからです。

とは言え、「自社の企業理念を覚えていますか」などの質問では判断できないので、面接を総合的に評価した上で共感性があるか確かめましょう。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

面接で応募者を見極める3つの方法

実際の面接において応募者を見極める方法は、以下の3つです。

・アセスメントツールを導入してみる
・コンピテンシー面接を実施する
・体験入社を面接に組み込んでみる

順番に解説します。

アセスメントツールを導入してみる

面接で応募者を見極める方法として、アセスメントツールの導入を検討してみましょう。アセスメントツールとは、測定値や計算値などを基に評価することのできるツールです。

アセスメントツールを導入することで、主観的ではなく客観的に応募者を見極めることができます。アセスメントツールのなかでも知能検査や性格検査・適性検査など種類が豊富にあるので、面接で重要視している内容に応じて選びましょう。

コンピテンシー面接を実施する

コンピテンシー面接を実施してみるのもおすすめです。コンピテンシー面接とは、学歴やこれまでの実績・スキルなどで評価するのではなく、行動特性や思考性などに注目して評価する面接のことです。

コンピテンシー面接では、志望動機や自己PRのような定番の質問は行いません。面接練習において対策されていないような質問を投げかけることで、応募者の本質を見抜くことができます。

体験入社を面接に組み込んでみる

面接は質問に対して答えるだけなので、どうしても応募者の本質を見抜くのが難しいと感じる担当者も少なくありません。そんなときには、体験入社を面接に組み込んでみましょう。

体験入社を組み込むことで、面接では見抜くことのできないコミュニケーションスキルや協調性などについて把握することができます。応募者も実際に働くイメージができるので、おすすめです。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

自社にマッチした人材を獲得するための4つのポイント

自社にマッチした人材を獲得するためには、以下4つのポイントを意識しましょう。

・獲得したい人物像の明確化
・評価項目の設定
・評価基準の設定
・コミュニケーションを心がける

一つずつ解説します。

獲得したい人物像の明確化

どのような人物を獲得したいのか」人物像を明確にしましょう。

例えば自社で、「協調的な人材を獲得したい」と考えていても抽象的すぎます。広い定義だけでは、ミスマッチが生じる可能性があります。そのため、「どういう定義で協調的な人材であるか」具体的に考えるべきです。

人物像を明確にできない場合には、実際に活躍している従業員を参考にしてみましょう。

評価項目の設定

評価項目を設定しましょう。評価項目では、面接官が見るべきポイントで説明した「服装・髪型」、「コミュニケーション力」、「主体性」など様々です。

書き出してみた後に、獲得したい人物像と照らし合わせて必要となる項目を抜粋しましょう。

評価基準の設定

評価基準の設定も忘れずにおこないましょう。

評価基準では、数字で段階を表す定量評価と面接官が感じたことを記入する定性評価の2つを用います。面接官によって評価基準がブレないように、どういう基準で評価するのかも話し合いましょう。

コミュニケーションを心がける

面接では主に面接官が応募者に対して質問をしますが、一方通行になりすぎてはいけません。

面接とはいえ、面接官と同様に応募者も企業を評価する立場にあるので、コミュニケーションを心がけましょう。質問する機会を設けてあげることによって応募者の不安を払拭することができます。

また、入社後の研修等のサポートや会社のビジョンなどイメージをしっかり共有してあげることでミスマッチを防ぐことにも繋がります。

 

採用代行・採用イベントの成功事例はこちら

まとめ

本記事では、面接で優秀な人材を見極める方法や見るべきポイントなどについて解説しました。

面接官は、応募者を見極めて自社の魅力を訴求するという2つの役割があります。応募者を見極めるためにも、主体性や協調性・誠実性などがあるかどうかを確認しましょう。見極めるための方法として、アセスメントツールの導入やコンピテンシー面接などを実施することもおすすめです。

しかし、ほかの業務が忙しくて面接に注力できないという担当者も少なくありません。そんなときには、株式会社ニューズベースにお任せください。

株式会社ニューズベースでは、採用代行(PRO)サービスを提供しています。応募管理システムの運用や応募者の問合せ対応・書類の作成など、さまざまな業務を委託できます。そのため、担当者は面接に注力することが可能です。まずはお気軽にご相談ください。

本記事を参考に、面接において優秀な人材を見極めましょう。

 

採用代行(RPO)サービスをご検討の際の見積項目例と算出根拠をご紹介します

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2022.02.10

採用代行とは?具体的なサービス内容...

採用担当者の負担が増大するなか、注目されているのが採用代行サービスです。採用代行は採用に関する業務を代行し、効率的な採用活動を推進...

2020.02.18

会社説明会で企業側が必要な準備と気...

会社説明会を実施するにあたって、企業側にはさまざまな準備が求められます。また、会社説明会の目的を果たす上で、注意しなければいけない...

2022.03.03

採用マーケティングとは?始め方や手...

労働人口の減少により、マーケティングの概念や戦略などを採用活動に取り入れた「採用マーケティング」を導入する企業が増えてきました。採...

2023.03.14

ミッション・ビジョン・バリューとは...

ミッション・ビジョン・バリューとは、企業が掲げる価値観や経営方針などを定める際に必要なフレームワークのことですが、詳しく知りたい人...