会議室の予約管理に使える無料アプリ厳選3選!

公開日:2020.02.04  更新日:2022.09.30

会議室の予約管理。そろそろ、紙ベースの予約表だと限界ではありませんか?

最近、様々な予約管理システムを社内に導入して会議室運営の改善に成功する企業が増えてきています。特に、アプリ対応している予約管理システムは、直感的に操作できるため導入しやすいのがメリットです。

アプリには有料・無料と様々なものが存在しますが、試験的に始めてみたければ、まずは無料のものでも対応できます。

この記事では、会議室の予約管理に役立つ無料アプリを厳選して紹介します。

 

ニューズベースの施設管理運用サービスをご紹介します

「20個の質問」に回答するだけで、業務の課題傾向を診断!

「簡易業務課題診断」はこちら

1.会議室をアプリで管理するメリット

予約管理アプリのメリットは、システムによる管理で人為的ミスを削減できるところです。

クラウド上でリアルタイムに予約状況の確認や調整ができるため、空予約や予約の重複といったミスを削減できます。ホワイトボードやエクセルによる管理だと、社員は会社に戻らなければ予約情報を把握できません。アプリであれば、出先や社外の人間でも即座に確認できるため、スケジュール調整も容易になります。

また、アプリはカジュアルなツールとして社内に導入しやすいのも魅力です。タブレットやスマホといった普段使い慣れている端末を使うため、社員は直感的に操作でき、新しいシステムがすぐに浸透します。その結果、システム変更による混乱を最小限に抑えられます。特典や顧客管理といった商用機能を持っている予約管理アプリもあり、貸し会議室として利用する場合にも適しています。

アプリであれば24時間365日利用できるため、予約意思のある見込み客を逃しません。予約のハードルが下がり、リピートにつながりやすくなるだけでなく、顧客管理や決済業務の効率化により、業務コストの削減も期待できます。また、多くの予約管理アプリは外部サービスと連携できるため、集客力強化にもつながります。

このように、予約管理アプリの導入は社内・社外を問わず、会議室の管理に大きなメリットをもたらします。新しい予約管理システムの導入は、ランニングコストやシステム変更など様々な検討事項が発生しますが、まずは試験的に始めてみたければ、無料のアプリからでも十分対応可能です。

 

施設管理運用の成功事例はこちら

2.会議室の予約管理に使えるアプリ3選

予約管理ツールには様々なものがありますが、アプリ対応しているものはあまり多くありません。

ここでは、無料で使える予約管理アプリを3つ厳選して紹介します。

・STORES予約

STORES予約(旧:Coubic)は月間250万人が利用している、非常に認知度の高い予約管理システムです。基本的にはビジネス利用を目的としており、ホームページへの導入が極めて簡単で、使いやすいのが最大の魅力です。

スマホにアプリをインストールすれば、24時間365日、片手間で簡単に予約や変更が可能。アプリとして目に付きやすいため、リピートにつながります。また、SMSによるリマインド機能によって予約を忘れないため、当日キャンセルも少なくすることができます。

月謝制、回数券といった決済方法にも対応しているほか、顧客リストの自動作成など、優れた機能が満載。カスタマーサポートも充実しており、信頼性の高いアプリといえるでしょう。

プランは「フリープラン」~「プラチナプラン」があり、月額料金は0円~66,000円です。7日間のお試し期間で、最もおすすめとされている「スタンダードプラン」を体験することができます。

https://stores.jp/reserve

・Airリザーブ

Airリザーブは、株式会社リクルートが提供する「無料で始められる予約管理システム」です。予約情報をオンライン上で一元管理をすることができ、自社のホームページへの導入の手軽さが魅力であり、公式サイトにて初期設定のマニュアルなども用意されていることから、まずは使い心地を試してみたいユーザーにもおすすめのサービスです。

事前に予約枠を指定する「事前設定タイプ」と、予約ユーザーが自由に時間枠を指定予約する「自由受付タイプ」が用意されており、利用用途に応じた柔軟な設定も可能です。また、業界ごとの特性に合わせた設定を行うことができるため、会議室やレンタルスペースなどの管理にもおすすめです。

無料のフリープランの場合でも月間予約件数は無制限と設定されているので、まずはフリープランで使用感を試した後で、足りない機能がある場合には「ベーシックプラン」「プレミアムプラン」などと比較検討してみてはいかがでしょうか。

https://airregi.jp/reserve/

・brovalapp

brovalappは、PC、タブレット、スマホで予約管理・受付ができるアプリタイプの予約管理システムです。ビジネス機能に特化しており、会議室をレンタルスペースとして商用利用する際に適しています。

オリジナルのスマホアプリを作成し、会員証として発行することが可能。顧客ごとに利用状況を把握し、特典やクーポンを発行するアフターフォローの機能も充実しています。

メール配信、Push機能で当日の予約を忘れない他、利用後にはアンケートを実施することができ、サービス改善にも役立ちます。

こちらのアプリは無料ですが、有料プライベートサーバー「Broval box」の契約が必須となっています。

http://sunfirst.co.jp/brovalapp/mobileapp.html

 

施設管理運用の成功事例はこちら

3.まとめ

以上、会議室の予約管理に使える無料アプリを紹介しました。

アプリによる予約管理システムを確立すれば、会議室を効率的に運用できます。特に、貸し会議室などに会議室を利用する際には、顧客管理のためにも予約管理システムの導入が必須です。

まずは無料プランを試験的に使ってみて、後に本格的に有料プランに移行することも可能なので、ぜひ検討してみてください。

 

お役立ち資料一覧 アウトソーシング依頼準備シート はこちら

「20個の質問」に回答するだけで、業務の課題傾向を診断!

「簡易業務課題診断」はこちら

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2019.02.09

業務アウトソーシングとは?メリッ...

経済環境の変化は加速化しており、企業にはハイレベルな適応能力が求められています。業務の効率化、コア業務への集中、コスト削減というメ...

2020.02.04

施設管理予約システムとは?導入する...

「会議室などの施設を効率的に管理したい」と思ったときには無料の予約システムが便利です。システムを導入することで予約情報を共有できる...

2023.03.23

棚卸資産とは?勘定科目と仕訳、棚卸...

棚卸とは、商品の在庫を把握することです。この記事では、棚卸の勘定項目や仕訳について、また、棚卸差が生じた場合の対処方法や、仕訳のコ...

2020.05.12

学会事務局は委託できる! 代行内容...

学会は抱える学会員が多く、事務局運営は煩雑になりがち。いっそのこと、事務局運営を丸ごと委託してしまうのはいかがでしょうか。この記事...