より知っておきたいセミナー開催レポートを配信するべき理由と企業動向

公開日:2019.10.03  更新日:2019.11.20

 

「会社でセミナーを開催していて、参加していない人にも内容を伝えたい」

「セミナーの開催レポートを作るときのコツや結果につなげる方法が気になる」

 

会社で開催したセミナーの内容には価値があり、公開することで自社コンテンツとして活用できます。開催レポートの読者が増えれば、販売促進や集客効果に期待できるのがメリットです。

本記事ではセミナーの開催を検討している担当者に向けて、開催するべき理由と企業動向についてお伝えします。

 

ニューズベースのセミナープロデュースをご紹介します

1.セミナー開催レポートを出したほうがよい理由とそのメリット

インターネットやITサービスの普及により、自社メディアをもつ企業が増えてきました。メディアを運営することで潜在顧客を集客しやすくなり、会社や商品の露出度を高められます。

そして自社メディアのアクセス数を増やすにはコンテンツが必要であり、セミナーレポートを公開する企業は増加傾向にあります。実際に「セミナーレポート」で検索してみると、さまざまなレポートを閲覧できます。

 

「なぜ、セミナーレポートを配信すべきなのか?」と思う担当者もいるでしょう。自社で開催したセミナーのレポートを配信するメリットは次の2つです。

 

1.潜在顧客にアピールできる

2.自社コンテンツとして蓄積できる

 

それぞれのメリットについて詳しく解説します。

 

1-1.潜在顧客にアピールできる

開催したセミナーの内容をインターネット上に公開することで、参加していない潜在顧客にアピールできます。企業の取り組みやノウハウを知ってもらうことで、自社に対する信頼性を高められるのです。

 

1-2.自社コンテンツとして蓄積できる

メディアで公開したセミナーレポートは残り続けるため、時間が経過してもユーザーに情報を提供し続けられます。コンテンツを蓄積することで自社メディアの集客力を高められるのがメリットです。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

2.セミナー開催レポートまでのアクションとタイミング

「どのような流れでセミナーの開催レポートを公開すべきか知りたい」と思う人もいるでしょう。セミナーレポートを公開するまでの一般的な流れは次の通りです。

 

1.セミナー開催を案内

2.セミナーのPR

3.セミナーを開催したらレポート公開

 

それぞれのアクションについて具体的に解説します。

 

2-1.セミナー開催を案内

会社内で開催するセミナーを決定したら、さっそくホームページやSNSなどでセミナー開催を案内します。狙いたいターゲットを受付ページに誘導して、セミナーの参加者を集めましょう。

 

2-2.セミナーのPR

参加者を増やしたいときはDMやネット広告などを活用して、開催するセミナーを宣伝します。狙いたいターゲット層を決めてからセミナーをPRすることがオススメです。

 

2.3.開催したらレポート報告

セミナーを実際に開催したら、プレゼン資料などを流用してセミナーレポートを制作しましょう。完成したセミナーレポートを自社メディアで公開すると、参加できなかった人にもセミナー内容を伝えられます。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

3.押さえるべきセミナー開催レポートのポイント

基本的にセミナーレポートはWeb上に公開することが多く、アクセスされなければ潜在顧客にアプローチできません。

 

より多くのユーザーにセミナー内容を知ってもらうには、コツを理解してレポートを制作することが重要になります。これからセミナーレポートを公開する担当者が押さえるべきポイントは次の3つです。

 

1.登壇者や会社の事業を紹介する

2.概要と自社サイトへのリンクを記載する

3.開催したセミナーの実績やテーマなどもアピール

 

それぞれのポイントについて詳しく解説します。

 

3-1.登壇者や会社の事業を紹介する

レポートの冒頭部分ではユーザーがイメージしやすいよう、登壇者や会社の事業について紹介しましょう。会社や登壇者が何をしているのか伝えることで、ユーザーがセミナー内容を理解しやすくなります。

 

3-2.概要と自社サイトへのリンクを記載する

冒頭部分で会社概要などを紹介したときは、自社ホームページへのリンクを記載することも重要です。自社に興味をもっているユーザーをホームページに誘導できる場合があります。

 

3-3.開催したセミナーの実績やテーマなどもアピール

セミナーレポートで自社をアピールするときは、セミナーの開催実績やテーマを活用しましょう。過去のセミナーを紹介することで、ユーザーが情報を調べやすくなります。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

4.より結果に繋げるセミナー開催レポート事例

「ユーザーを惹きつけるようなレポートを制作したい」と思う担当者は多くいるはず。競合他社よりも内容が優れたセミナーレポートを作るには、次のようなコツがあります。

 

  • 次回に開催するセミナー情報をレポートに記載する
  • セミナー内容と関連している該当サイトへのリンクがある
  • 参加者のアンケート結果をセミナーレポートに反映している

 

例えばセミナーレポートの終盤に次回のセミナー情報を紹介することで、興味をもってくれたユーザーを誘導できます。参加者を増やすことで販売促進や信頼性の強化につながるでしょう。

 

また、セミナーでのアンケート結果をタイトルに入れることで、客観性のあるレポートとして作り上げることが可能です。ここで紹介したコツによってレポートの集客力を改善できます。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

5.まとめ

本記事ではセミナーを自社で開催している担当者に向けて、セミナーレポートを配信すべき理由やポイントについてお伝えしました。

商品・サービスをより多くのユーザーに知ってもらうために、開催したセミナーのレポート配信を検討していただけると幸いです。興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

 

また、ニューズベースでは新製品発表会やイベントプロモーションといったPRの成功事例を紹介しています。他社がどのようにPRで成功したのか、さまざまな事例を参考にしてみましょう。

新製品発表会を開催する上での必要な準備や成功させるためのポイントを紹介!
斬新オモシロ!イベントプロモーション最新事例8選|オンラインイベント事例も紹介

 

セミナーカンファレンス運営代行の見積項目例はこちら

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2020.02.04

【保存版】カンファレンスのやり方を...

「カンファレンスの企画運営を任されたけど、どのようなカンファレンスを行えば集客できるのか分からない」という方も多いのではないでしょ...

2018.07.11

会場は早期に手配すべき!?カンファ...

カンファレンスの運営には企画から広報、会場や機材の準備、当日の運営から終了後の参加者へのサポートなど多くのノウハウが必要です。ここ...

2020.04.21

キックオフミーティング開催までの一...

通常時のミーティングとは違うキックオフ時のミーティングに相応しいアジェンダを的確に効率的に作成するためのコツ・ポイントをわかりやす...

2018.10.04

レセプションパーティーとは?開催す...

レセプションパーティは会社が外部との社交や交流を通じて、自社の新製品や新店舗のオープニングをアピールする際に欠かせないイベントです...