イベント開催においてアンケートの回答率を上げるコツや実際に使える設問例・おすすめツールを紹介!

公開日:2023.03.09

イベントの開催に伴いアンケートを実施するケースがほとんどですが、回答率が低くて困っている担当者も少なくありません。また、アンケートを作成するにあたってどのような設問にすればいいのか分からないという担当者も多いはずです。

そこで本記事では、アンケートの回答率を上げるコツ実際に使える質問例・おすすめのアンケート作成ツールなどを紹介します。

 

ニューズベースのセミナープロデュースをご紹介します

イベントを開催するにあたってアンケートは重要

イベントを開催するにあたって、アンケートは非常に重要です。なぜなら、アンケートを取ることで参加者のリアルな声が聞けるからです。参加者のリアルな声を参考にすることで、さらに充実したイベントが開催できるようになります。

アンケートの準備から作成するまでの手順は、次項で詳しく解説します。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

アンケートの準備〜作成するまでの手順

アンケートの準備から作成するまでの手順は以下の4ステップです。

・アンケートを実施する目的を決める
・実施する期間を設定する
・設問内容を決める
・アンケートを作成する

順番に解説します。

1.アンケートを実施する目的を決める

アンケートを実施する目的は、主宰する企業によってさまざまです。もし、目的が曖昧な状態でアンケートを実施してしまうと、集計結果をどのように活かせばいいのかが分からなくなります。その結果、アンケートを実施しても本来の効果が期待できず、不本意な結果で終わってしまうので、明確な目的を必ず決めておきましょう。

2.実施する期間を設定する

アンケートを実施する目的を決めたら、「いつまでに回答してもらうのか」期間を設定します。アンケートの実施期間が長いと後回しにされてしまい、回答率が下がってしまうので、注意が必要です。1〜2週間程度がおすすめです。

3.設問内容を決める

アンケートを作成するにあたって、設問内容を考えます。設問内容は、自分たちがイベントの参加者に対して一番聞きたいことを中心に設定しましょう。設問数が多いと回答率が下がってしまうので、なるべく不要な設問は省くことが大切です。

4.アンケートを作成する

実際にアンケートを作成していきます。文言や設問形式などがおかしくないかを確認しながら進めていきましょう。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

イベントで使えるアンケートの設問例

イベントを開催するにあたって、アンケートで実際に使える設問例をいくつか紹介します。

・今回のイベントはどうやって知りましたか?

□チラシ □ポスター □SNS □ホームページ □友人からの紹介 □その他()

・今回のイベントはどなたと一緒に参加しましたか?

□1人 □友人 □家族 □恋人 □配偶者 □その他()

・今回のイベントのボリュームはどうでしたか?

□大変満足 □かなり満足 □普通 □少し不満 □かなり不満

・今回のイベントの内容はどうでしたか?

□大変満足 □かなり満足 □普通 □少し不満 □かなり不満

・今回のイベントにおけるスタッフの対応はどうでしたか?

□大変満足 □かなり満足 □普通 □少し不満 □かなり不満

・今回のイベントにおける総合的な充実度はどうでしたか?

□大変満足 □かなり満足 □普通 □少し不満 □かなり不満

・今回のイベントに対する意見や要望・感想などがあればご自由にお書きください。

(      )

上記の内容はあくまでも一例ですが、参考にしてみましょう。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

イベントにおけるアンケートの回答率を上げる方法

イベントにおけるアンケートの回答率を上げる方法は以下の4つです。

・アンケートを実施する目的を伝える
・答えやすいような設問にする
・回答時間を提示する
・特典をつける

順番に解説します。

アンケートを実施する目的を伝える

いきなりアンケートメールを送っても、回答した内容がどのような用途で使われるのかが分からないと回答者は不安に感じてしまい、回答率が低下する要因になります。そのため、まずはアンケートを実施する目的についてしっかり伝えましょう。

答えやすいような設問にする

回答するのに時間がかかるような難しい内容を設問にしてしまうと、回答率が一気に下がってしまいます。そのため、なるべく考えることなく直感で回答できるような設問にしましょう。

回答時間を提示する

アンケートに回答している最中で想定よりも時間がかかると判断されれば、離脱されてしまいます。そのため、アンケートの回答率を上げたいのであれば、あらかじめ回答時間を提示しましょう。回答時間を提示することで終了時間が把握できるので、自分の都合に影響がないと分かれば、快く回答してもらえるはずです。

特典をつける

アンケートに答えても回答者にはメリットがほとんどないので、アンケートに答えたくないという人も多いはずです。そんなときにおすすめなのが特典です。特典をつけることによって、特典欲しさにアンケートに答える人が増えるので、回答率を高められます。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

イベントにおけるアンケートを作成する上でのおすすめツール

イベントにおけるアンケートを作成する上で、おすすめのツールとして以下の3つを紹介します。

・Googleフォーム
・formrun
・Form Bridge

順番に解説します。

Googleフォーム

Googleフォームとは、Googleが提供しているフォーム作成ツールです。

Googleアカウントを作成すれば、誰でも簡単にアンケートが作成できます。テンプレートも豊富にあり、共同で編集作業も行えるので、チームでアンケートを作成する場合におすすめです。

formrun

formrunとは、株式会社ベーシックが提供しているフォーム作成ツールです。

アンケートはもちろん、問合せ対応や資料請求など合計40種類以上のテンプレートからフォームが作成できます。最短30秒で作成することが可能で、さまざまなチャットツールとの連携もできるため、作業効率が向上すること間違いありません。

Form Bridge

Form Bridgeとは、トヨクモ株式会社が提供しているフォーム作成ツールです。

アンケートをはじめとするさまざまなフォームが作成可能となっており、回答されたフォームはすべて自動で保存されます。デザインのカスタマイズも自由に変更可能で、数多くの機能が搭載されているので、独自性のあるアンケートを作成したい企業におすすめです。

 

セミナー運営の事例ページはこちら

まとめ

本記事では、アンケートの回答率を上げるコツや実際に使える質問例・おすすめのアンケート作成ツールなどを紹介しました。

イベントを開催する上で、アンケートは参加者のリアルな声を聞くための手段として必要不可欠です。しかし、アンケートは回答者へのメリットがほとんどないので、回答率が上がらなくて困っている担当者も少なくありません。そんなときには、本記事を参考に特典をつけたり回答時間を提示したりするなどの対策を講じましょう。

また、アンケートの作成を専門のプロに依頼するのもおすすめです。株式会社ニューズベースではイベントプロデュース事業を行っており、アンケートの作成はもちろん、イベントの設営準備や当日の運営までトータルでのサポートも可能です。

「アンケートを自分たちで作成できるか不安」「リソースが足りなくて困っている」という担当者は、お気軽にご相談ください。

 

セミナーカンファレンス運営代行の見積項目例はこちら

\ 成功事例・トレンド・お悩み対策や便利なテンプレートなど、有用な情報を配信中! /

メルマガ登録はこちら

関連記事

2019.10.10

セミナー動画とは?制作するメリット...

最近ではセミナー動画を制作する企業が増えてきました。多くのBtoB企業では動画をマーケティングツールとして活用することを検討し始め...

2020.04.04

カンファレンスのやり方をイベント運...

大規模なビジネスイベントであるカンファレンスには、長い準備期間が必要です。具体的な目標設定と企画概要、当日運営まで、半年以上はかか...

2024.06.04

【カンファレンス会場】手順や選び方...

本記事では、カンファレンス会場を選ぶ際の手順や選び方・ポイントについて解説します。どのようにカンファレンス会場を選べばいいのかわか...

2019.09.18

誰も教えてくれない、失敗しないセミ...

社内や社外でセミナーを開催するとき、主催者が気をつけるべきポイントはあいさつの仕方です。間違った方法で参加者にあいさつしてしまうと...