社員総会に参加する際の服装マナーを徹底解説

公開日:2020.04.21

 

会社で行われる重要なイベントの一つに、社員総会が挙げられます。社員総会とは文字通り、企業において社員全員が参加をする会議のことです。

会社によっては、キックオフミーティングなどの名称で呼ばれたり、また設立記念パーティーなどで社員総会の役割を果たしているケースもあります。

そんな社員総会にはじめて参加する時、どんな服装で参加すべきか悩みますよね。

 

本記事では社員総会に参加する際の服装マナーについて詳しく解説いたします。あわせて社員総会の目的や内容についても紹介しますので、はじめて社員総会に参加されるという方は、是非参考にしてみてください。

 

 

1.社員総会では何をする?TPOに合った服装とは?

社員総会での服装マナーを考えるにあたり、まずは社員総会ではどんな目的で何をするのかを理解しておく必要があります。

 

まずは社員総会が行われる目的についてみていきましょう。

社員総会の目的は大きく分けて下記の3つが挙げられます。

 

 

①会社のビジョンの共有

どの会社にも必ず経営方針やビジョンが存在します。しかし日々の業務の中では、目先の仕事に追われてしまい、会社が目指している大きな目的といったものを忘れてしまいがちです。そのため社員総会を通して、社員一同が会社の現状を知り、今後のビジョンについて同じ認識を持つことが重要です。

 

 

②社員のモチベーションアップ

多くの会社の社員総会では、優秀な成績を残した社員の表彰式などが行われます。努力の結果が社員総会での表彰につながると、非常に喜びも大きく、今後の仕事の糧となるでしょう。

また今回表彰を逃してしまった社員も、他の人が表彰されている姿を見ることで「次はあの場に立ちたい」と感じ、モチベーションアップにつながります。

 

 

③社内コミュニケーションの活性化

同じ会社であっても、他部署の社員とは普段なかなか話をする機会が少なかったり、顔と名前が一致しなかったりということも多いでしょう。特に全国に営業所や店舗を構えるような会社では、普段接することのできない社員が一同に集まることで、社内コミュニケーションの活性化につながります。

社員総会では懇親会などが行われることも多く、食事やお酒を楽しみながら、仕事から離れて楽しい時間を過ごすことできます。これにより社員同士の親睦が深まり、日常の業務が円滑に進むきっかけを作ることができます。

 

次に、社員総会の内容やプログラムの一例をご紹介します。

社員総会の細かい内容や演出は会社によって様々ですが、一般的に下記のような流れで進行されることが多いです。

 

  • 前年度の業績発表
  • 今年度の方針や目標発表
  • 表彰式
  • 社長挨拶
  • 懇親会

 

基本的には前年度の振り返りから、今後の目標を全社で共有するような、過去の話から未来の話の流れとなるようなプログラムとなっています。

 

社員総会の目的や内容についての理解が深まったところで、ここからは社員総会に適した服装について考えていきましょう。

 

 

2.社員総会に合う服装とは

社員総会に合う服装は、会社の雰囲気や社員総会の内容によっても異なります。しかしどの会社であっても共通して言えることは、TPOにあった服装をすることが大切だということです。もし事前に服装の指定をされている場合は、必ずそれに合わせましょう。

 

ここでは、社員総会の会場や内容から適切な服装について解説していきます。

 

 

2-1.社外の会場で行われる厳粛な社員総会の場合

普段ラフな服装で勤務している方も、厳粛な社員総会の場合はスーツなどフォーマルな服装が好ましいです。それに加えて、会場がホテルやパーティ会場などの場合は、普段よりも華やかになるように意識しましょう。

男性の場合はベストを合わせたスリーピーススーツにしたり、チーフやカフスなどの小物を使ったりするのもおすすめです。

女性の場合はスーツでももちろんOKですが、ツイードのセットアップや華やかなワンピースにジャケットを合わせるのも良いでしょう。

 

 

2-2.イベント形式のユニークな社員総会の場合

最近では、ユニークなイベントを組み込んだ社員総会を行う会社も多いです。

チームの団結力を高めるために、社員総会後の懇親会でスポーツなどのイベントが組み込まれていることもあります。こういった場合には、特に女性は丈の短いスカートなどは避けて、動きやすい服装を選ぶようにしましょう。

またキャンプや旅行といったレジャー形式の社員総会の場合は、カジュアルな服装で問題ありません。しかし、あくまでも会社の集まりであることを忘れずに、Tシャツやサンダルなどのラフすぎる格好は避けた方が無難です。

 

 

2-3.業務後にそのまま社内で行う社員総会の場合

業務後に行われる社員総会の場合は、基本的には普段の勤務時と変わらない服装でOKです。しかし表彰式などがある場合は、表彰を受けて登壇する可能性もあるので、清潔感のあるきれいめな服装をしておくことをおすすめします。

また全員で集合写真を撮ることも多いので、あとから見返して恥ずかしい格好をしないよう、注意しておきましょう。

 

自社で行われる社員総会の内容や雰囲気が分からないという方は、出席経験のある先輩などに事前に相談をしておきましょう。

 

 

3.服装のポイント(男性の場合)

社員総会での服装はTPOに合わせることが重要だとお伝えしましたが、それを踏まえてさらに好印象に見せるためのポイントについて解説いたします。

 

まずは男性の服装についてです。

 

・パンツ+ジャケットスタイル

全身スーツだとキッチリしすぎてしまう、という時でも社員総会ではジャケットを着用するのをおすすめします。

少しカジュアルな格好でもジャケットを羽織るだけで、社員総会などの式典向きのオフィスカジュアルな服装になります。カジュアルなパンツに合わせる場合は、スーツのような硬いシルエットのテーラードジャケットではなく、ストレッチ性のあるジャケットを合わせると良いでしょう。

 

・デザイン性のあるシャツ

社員総会では普段のオフィス用のYシャツでも問題ありませんが、襟元や袖の裏地に柄が入っているような、デザイン性のあるシャツを選ぶのもお洒落に見せるポイントです。

しかしネルシャツやオーバーサイズのシャツなどは、カジュアルすぎる印象になってしまうので、社員総会ではあまりふさわしくありません。派手になりすぎない、薄いピンクやブルーの色合いのものも清潔感があって良いでしょう。

 

・ベルトと靴の色を合わせる

男性の場合、フォーマルな服装ではベルトと靴の色は合わせるのが基本です。意外と茶色のベルトに黒い革靴などを合わせている人も多いのですが、これを同色にするだけで統一感のあるまとまりの良いファッションになります。ベルトと靴の色が違っていると、全体的にカジュアルな印象になってしまうため、社員総会などのフォーマルな場では、同色にまとめた方が良いでしょう。

 

 

また会社の雰囲気にもよりますが、下記のような服装は社員総会には不向きとなるので、注意しましょう。

 

×シワや汚れのあるシャツやジャケット

どんなにお洒落なアイテムでも、シワや汚れがあるとそれだけで印象が悪くなってしまいます。普段の勤務時にももちろんですが、社員総会の場では、よりシワや汚れがないことをしっかり確認しましょう。

 

×全身黒のスーツ

全身黒のスーツはリクルートや冠婚葬祭などの印象が強いため、社員総会には不向きだといえます。スーツを着用する場合はネイビーやグレー、ブラウンなどのものを選ぶようにしましょう。

 

×カジュアルすぎる服装

基本的に社員総会はフォーマルなイベントとなるので、カジュアルすぎる服装はふさわしくありません。特にTシャツ・ジーンズ・短パン・サンダルなどは、普段着としての要素が強いので避けた方が良いでしょう。

カジュアルな服装がOKとされている職場でも、社員総会ではできるだけオフィスカジュアルにとどめておくのが好ましいです。

 

 

4.服装のポイント(女性の場合)

女性の場合も男性と同じく、基本的にはフォーマルな服装、またはオフィスカジュアルが好ましいです。

好印象に見せるためには、下記のポイントを意識しましょう。

 

・スカート+ジャケットスタイル

女性のオフィスカジュアルの基本はスカート+ジャケット、もしくはワンピース+ジャケットです。スカート丈は短すぎるものや長すぎるものは避け、膝丈のものを選ぶようにしましょう。またスカートよりパンツ派の方は、ブラウスやシャツはシフォン素材などの女性らしいデザインにすると、社員総会などの式典向きの服装となります。

 

・パンプス+ストッキング

スカートを着用する場合は、ビジネスの場では素足は厳禁ですので、必ずストッキングを着用しましょう。

靴は3〜7cm程度のヒールがあるパンプスが好ましいです。バレエシューズなどのぺたんこ靴やブーツなどは、カジュアルな印象になってしまうため、社員総会の場では避けた方が良いでしょう。また夏場であってもフォーマルな場においては、つま先のでるようなサンダルやミュールもNGです。

 

・控えめな色づかい

服装の色選びで悩んだ際は、黒や白などのモノトーンやベージュなどの控えめな色味を選ぶと良いでしょう。差し色程度に淡いパステルカラーなどを取り入れると、より女性らしく、清潔感のある印象を与えることができます。

パーティー形式の社員総会であっても、あくまでビジネスの場であることを踏まえ、原色系のドレスや派手な柄があるものは避けるようにしましょう。

 

 

男性の場合と同様に、カジュアルすぎる服装(Tシャツ・ジーンズ)は避け、女性の場合は下記についても気をつけましょう。

 

×過度な露出

いくらお洒落であっても、社員総会の場で過度な露出(短い丈のスカートや肩や背中が出るトップスなど)は好ましくありません。近年の女性のファッションではノースリーブのものも多いですが、フォーマルな場ではふさわしくないので、上にジャケットやカーディガンを羽織るようにしましょう。

 

×派手なメイクや髪型

服装だけでなく、メイクや髪型なども基本的には普段のオフィスと同様に、あまりに派手なものはNGです。逆にノーメイクもビジネスの場としてはふさわしくないので、清潔感のあるナチュラルメイクを心がけましょう。

 

お役立ち資料

 

5.まとめ

社員総会は全社員が集まって、今後の会社の方向性などを知る大切なイベントです。会社によって社員総会の内容や雰囲気は異なりますが、基本的には厳粛な式典となるので、それに合わせたフォーマルな服装、またはオフィスカジュアルが好ましいでしょう。

 

そして一番大切なのはTPOに合わせた服装をすることです。社員総会の雰囲気が分からないという場合には、これまでに参加したことのある先輩社員などに話を聞いておきましょう。

本記事で紹介した服装マナーを参考に、社員総会での服装を選んでみてくださいね。

 

newsbase お問い合わせ