主催協会概要

一般社団法人Fintech協会様(以下敬称略)は2015年に設立された団体です。国内外の関連諸団体や関係省庁等と連携、協力関係を通じて、オープンイノベーションを促進させ、新たなFintechサービスが生まれやすい環境を整え、健全な業界の発展とFintechエコシステムの活性化、および世界の金融IT業界における日本のプレゼンスの向上に貢献することをミッションとしています。

イベント概要

2018年10月25日、26日に開催したFintech Japan 2018は東京国際フォーラムにて第3回を迎えました。このイベントでは、金融業界、およびIT業界において最先端を行く世界中の著名な起業家や有識者約80名を登壇者に招き開かれました。

Fintech Japan 2018は一般公開のイベントになり、フィンテックに関連したテーマで様々な講演、ディスカッションが行われました。



(写真右より)
一般社団法人Fintech協会 代表理事副会長
ペイオニア・ジャパン株式会社 代表取締役 ナタリー 志織 フレミング様

株式会社NTTデータ経営研究所 元吉 章仁様

本イベントに対する思いを主催者と運営ご担当者のお二人にお話を伺いました。

イベント開催経緯・目的


―イベント開催の経緯や目的をお聞かせください。

Fintech(フィンテック)とは、金融サービス(Finance)と情報技術(Technology)を組み合わせた造語のことで、アメリカで2011~12年頃に使用され始めた言葉でした。

アジア諸国では、香港やシンガポールなどが先立ってフィンテックに注目し、取り組みに対しても活発な状況でしたが、日本ではまだフィンテックという言葉自体浸透しておらず、世界の流行りに乗り遅れてる状況でした。しかし、2014年日本で新聞社がフィンテックという言葉を初めて使用・掲載した途端、様々な業界に注目されるようになりました。

フィンテックが浸透してきた今、フィンテックの取り組みの重要さを伝え、経済的に一緒に盛り上がろうという意思で、このFintech Japanというイベントを2016年初開催することとなり、2018年の今回で第3回目を迎えました。

今現在では、日本のフィンテック関係者、法人会員の間でも新たなFintechサービスが生まれやすい環境整備に向けた法改正などの具体的な施策・展開について討論し合い、お互いを高め合える関係性もできより活発化してきました。

注目のテーマは「キャッシュレス社会」


―特に盛り上がったプログラムはありますか?

2日間のプログラムの中でも特に盛況だったのは、2日目に行われた「キャッシュレスの先に何があるのか」という議題の回で、スピーカーは経済産業省 消費・流通政策課長の永井岳彦氏、株式会社メルペイ 代表取締役CEO青柳 直樹氏、PayPay株式会社プロダクト本部本部長の白石陽介氏、モデレーターは株式会社インフキュリオン 代表取締役 CEOの丸山 弘毅氏と豪華なメンバー。

日本政府がキャッシュレス決済の普及に力を入れ、平成31年度予算案で、10月の消費税増税対策としてキャッシュレス決済の消費者を対象にしたポイント還元制度に3000億円弱を計上したこともあり、多くの観覧者の興味を引き付けました。

専門会社への委託を行うことで
日常業務との両立を可能に

―イベント専門会社に委託するメリットについて教えて下さい。

Fintech Japan 2018は例年の開催時と同じくイベントの戦略や方針はFintech協会の担当理事が管理し、Fintech協会の事務局長や複数の理事がイベント企画内容を練りました。

しかし、協会の会員は全てボランティアで活動しているため、イベント運営メンバーはカンファレンスの準備に十分な時間を割ける状況ではありませんでした。そこで、イベント会社に制作・運営を委ねることにより全体的に大幅工数削減が可能となり、Fintech協会側は担当者各々が担う日々の業務を担いながら、運営の業務負荷を軽減したFintech Japan2018の開催が可能となりました。

安心を生むフレキシブルな対応と
プロならではの先回り力


―ニューズベースを選んだポイント、評価する点を教えて下さい。

ニューズベースとは、第1回からのお付き合いになります。弊団体もお付き合いがあるTECH IN ASIA様よりイベント実績のある制作会社として紹介していただいたことがきっかけでした。(TECH IN ASIA事例記事はこちら)

今回の開催も、イベントノウハウが豊富であるニューズベースに協力を仰ぎ 、イベントの企画はFintech協会、イベント制作・運営 はニューズベースという業務分担でイベントを作り上げました。

Fintech協会はオープンイノベーションを意識した活動をしており常に枠組みを超えるような取り組みを行っているため、柔軟な対応ができるニューズベースとのイベント準備は、安心して進行できました。

また、スタートアップイベントの経験値が高いニューズベースは、急な変更点にも早急に対応、トラブルが発生した際にもすぐにフォローしてくれました。ニューズベースは、常に私たちFintech協会が「何をしたいか?」を考え、クリエイティブにアイデアを提案してくれました。また、担当制作スタッフが気軽に相談できる方だったこともあり、何か問題点や悩みがあった際にすぐに相談できたことには、大変感謝をしています。

多くの事例を持っているからこその瞬発的なアイデア力


―ニューズベースのサービスで一番印象に残ったことはどのようなことでしたか?

開催日の5日前に急遽パンフレット掲載のプログラムに変更点が発生しました。プログラムの印刷も1500刷と大量に必要だったため、印刷に最低5日かかる緊急事態に対しても、ニューズベースの制作担当者はパンフレットのクオリティを優先する形で、当初予定8ページだったパンフレットを4枚に変更することを提案してくださり、結果印刷も間に合い無事パンフレットを高品質の状態で納品してくれました。

私たちが企画内容の変更を希望した時やトラブルが発生した際にも、必ず過去事例を紹介し、代替案をくださるので、その経験値とアイデア力には感動しました。

―全体的にニューズベースのサービスはいかがでしたか?よろしければ100点満点での採点もお願い致します。

レスポンスの速さ、対応の丁寧さに関しても素晴らしく、弊団体のスケジュールが詰まり進行に遅れが出そうになった時にもニューズベースは迅速に対応してくれました。特にニューズベース制作担当者のレスポンスがとても速く、その対応の良さに安心して仕事をお任せすることができました。

今回、このFintech Japan2018で、さらなる厚い信用関係が築けたこと、またこれからも改善できることもあるというその期待を込めまして90点と評価させていただきます。

担当者からの声

本催事においてFintech協会様が重要視されていたのが【海外の著名なスピーカーによる講演(キーノート・パネルディスカッション)を、来場者に最善の状態でお届けする】という点でした。ご意向に沿えるよう、パンフレット等のタイムテーブルに関わる制作物についてはスピーカーのスケジュール確定時期により対応可能な複数のプランをご提示し、柔軟な対応が行えるよう進行管理を行いました。Fintech協会様の活発的な活動の一つであるFintech Japanを作るパートナーとして、サポートをさせて頂いた事を光栄に思います。