業務の外注化で業績のアップも可能、最新アウトソーシング事業情報

アウトソーシング

業務効率や人件費の削減施策として、注目されているアウトソーシングサービス。従来の事務作業などの単純業務だけでなく、コールセンターや採用業務など業務の一部をまるごとアウトソーシングする例も増えてきています。

昨今のニュースでもアウトソーシング事業を展開している企業が業績を伸ばしています。アウトソーシング事業を提供している企業をお探しの方は是非参考にしてみてください。

目次

1.アウトソーシングとは

2.アウトソーシングの内容・対応業務

3.アウトソーシングの導入メリット

4.アウトソーシングの活用例

5.まとめ






1. アウトソーシングとは

outsourcung-business_(4).jpg
アウトソーシングとはインソーシング(内製化)と対極をなす言葉で、自社の業務の一部または全てを子会社や専門企業などの外部に委託することを指しています。

もともと1960年代のアメリカでIT関連企業が情報システム分野で導入したのが始まりと言われており、アウトソーシングは情報システムに関する業務の開発や保守点検を依頼する意味で使われることが多かった言葉です。近年総務や人事などの間接業務や物流業務、商品開発や設計まで幅広い用途で使われるようになりました。

アウトソーシングを企業戦略の視点で見ると自社のビジネスプロセスの中に外部の資源を積極的に導入することにより、コストダウンとともに、限られた経営資源を自社が得意とする業務や推進したい業務に集中できることに利点があります。






2. アウトソーシングの内容・対応業務

現在、アウトソーシング出来る業務の内容は多岐にわたります。日本では主に総務や経理などで行われる事務系の業務や受付業務、コールセンターやカスタマーセンターへの問い合わせに対する顧客対応業務など副次的な業務が多くみられました。

しかし、現在ではシステム運用などIT関連や法務・会計など、より専門性の高い業務へと対応業務が広がりをみせています。

業務全体を委託してしまうBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)という委託形態にも注目が集まっており、専門性の高い人材を提供するサービスから業務全体の専門サービスを提供する形へとアウトソーシングサービスの形態も変化を見せています。

この傾向は施設管理や社内イベントといった業務においても顕著で、総務や人事・営業が業務の一環として対応していた「人材研修の運営」や「施設管理」、「セミナーやシンポジウムの管理」、「展示会やイベントの運営サポート」といった業務を企画から運営まで依頼することができるようになっています。

こうした業務のアウトソーシングは近年増加えており、バックオフィスや事務局業務のアウトソーシングを手掛ける株式会社ウィズアスでは年間300件を超えるサービスを提供。企業規模や業種を問わず、徹底したヒアリングを行うことによりスピードある提案とニーズに合わせた提案を行い、経営のスリム化と長期的なコスト削減を提供しています。






3. アウトソーシングの導入メリット

outsourcung-business(2).jpg
アウトソーシングを導入するメリットは大きく分けて「コストの削減」「業務の効率化と品質向上」「企業競争力の強化」3つがあります。

コストの削減
アウトソーシングの導入では2つのコストを削減することが可能です。一つは建物や設備などの「物理的資源」、もう一つは「人的資源」、です。物理的資源に当てはまるコールセンターや運送業務、IT関連など業務の場合設備や機器の設置だけでなく保守・点検への費用も不要になりかなり大きなコストの削減になります。

人的資源に関しては人件費や人材育成への経費を削減することができるという効果以外にも、業務に投入する人材量を集中することができるというメリットもあります。また、急遽発生した業務に対しても迅速に対応できることで事件的なコスト削減にも繋がります。

業務の効率化と品質向上
企業からアウトソーシングを依頼される企業は業務に関してプロフェッショナルであり、業務への習熟度やスキルが安定していることも特徴の一つです。

そのため、ほかの業務と兼任して内製化で行う場合や、業務に不慣れな企業が一から手がける場合と違い、常に安定した品質で効率良く業務を行うことができます。

企業競争力の強化
アウトソーシングでは業務の一部や場合によっては、対象になる業務全体を外部に依頼することも可能です。企業はヒト・モノ・カネといった企業資源を、力を入れたい業務や外部への委託ができないコアな業務に選択・集中することができるようになります。

その結果として海外での事業展開やコア事業の拡大など変動する顧客ニーズにも的確に対応することが可能になり、全体的な企業競争力の強化につながります。






4. アウトソーシングの活用例

outsourcung-business(5).jpg

ここではアウトソーシングのメリットをより具体的に感じてもらうためにいくつかの導入例をご紹介します。まずはシステム関連のアウトソーシング事例をご紹介します。

活用事例:私立大学へのITデータセンターアウトソーシング

業種:私立大学を運営する学校法人

業務内容:東日本大震災での経験から管理データの分散が必要と判断し、3万人の学生が利用する巨大な管理データを再構築をアウトソーシング。

導入のメリット:授業支援システムをクラウドサーバー上に構築することで、作業の共有化が可能になり、大容量のデータのやり取りやバックアップ作業がスムーズになった。

活用事例: 大手コンビニエンスストアバックオフィス業務

業種:全国展開する大手コンビニエンスストア

業務内容: 勤怠から給与、従業員の窓口までバックオフィス業務のフルアウトソーシング

導入のメリット:給与計算から保険まで細かな対応だけでなく、外国人スタッフの雇用や地域ごとに異なる最低賃金への対応など専門性の高いサービスが受けられた。

実績やスキルの高さや細やかな運営、専門性の高さなどが実際にアウトソーシングを利用している企業が魅力に感じているポイントになっています。先ほどご紹介した株式会社ウィズアスでは以下のようなアウトソーシング実績があります。

活用事例:BOSCH 株式会社 様社員研修サポート

業種: 自動車製品サプライヤー

業務内容: 研修所に常駐し、社員研修デスクの運営を実施しました。年間400回、計5,000名以上の社員の研修を行い、日本語だけでなく英語にも対応した。
導入のメリット:細かい業務量と多大な業務量に対し、分業制による組織体制や業務改善を見据えた運用計画を実施、スキルの高いスタッフのサポートにより、短期間で安定した運営に繋がった。

活用事例: スリーエム株式会社 e-ラーニング申し込み管理

業種: 電子・電気、ディスプレイ、ヘスルケアなど

業務内容: e-ラーニングによる製品トレーニング受講者への対応を行いました。1回の受講は15名、2週間ほどのサポートを実施。

導入のメリット:受講者1人1人へ丁寧に対応をしつつ、関連会社からの問い合わせにも対応。問い合わせ窓口も一本化することで情報の集約が可能になり、ウィズアスとの密な連携で安定した運用を実現した。

株式会社ウィズアスでは

■ 研修運営事務代行サービス
■ 施設管理代行サービス
■ セミナー・シンポジウム事務代行サービス
■ 展示会事務代行サービス
■ イベント運営サポートサービス


以上のサービスを展開しています。

徹底したヒアリングを行い、お客様ごとに異なる課題に対してオーダーメイドで解決方法の提案が可能です。

「業務量が少ないが対応可能か」「既存のシステムを活用したい」「数カ月という短期間でも対応できるか」など、社内業務の運営でお困り事がある際には、こちらよりお問い合わせ下さい。

btn_contact.png






5. まとめ

アウトソーシングは単なる省力化やリストラの一環として行うのではなく、企業戦略の一環として取り入れている企業が多くあります。コア業務へ注力を行い、サブ業務の品質も同時に高めることで、全体的な収益アップの実現も可能になるでしょう。本記事を参考に、御社の実情に合わせたアウトソーシングを検討してはいかがでしょうか。


参考サイト

株式会社ウィズアス/事例紹介
https://www.withus-inc.co.jp/casestudies/ 

FUJITSU/アウトソーシングサービス導入事例http://fenics.fujitsu.com/outsourcingservice/casestudies/ 

famima Retail service/給与計算アウトソーシング導入事例
http://payroll.famima-retail-service.com/case/

株式会社ウィズアス/サービス紹介
https://www.withus-inc.co.jp/reason/#reason