機体メンテナンスセンター格納庫内で行われる入社式。新入社員にとって一生に一度となる重要なイベントです。
「ANAグループに入社したんだ」と感じてもらえる入社式を組み立て、一緒に参加することは私たちも楽しく、次にチャレンジしたいことも生まれて来ます。

イベント概要紹介

ANAグループエアライン入社式は、新入社員754名・役員26名という規模の大きさ、また飛行機と共に格納庫で執り行われるため、毎年メディアの注目を集めています。

team ANAをつくるために

今年もグループエアライン4社合同で入社式を行いました。ANAグループの経営理念は「安全は経営の基盤であり、社会への責務である」とあり、社会人のスタートは航空機の前で「安全」を誓うことから始まります。各社代表の新入社員へ”ANAグループ経営理念・安全理念カード”の授与、リレー形式での宣誓を行いました。あの空間で安全を守ることの大切さを改めて感じて欲しかったんです。

まる投げしない私たちのイベント

仕事柄、私達はオペレーションに抵抗はありません。ハンドリングは大変ですが、出来ることは自分たちでこなします。あの人数を集めてオペレーションができることが私たちの強みです。しかし、オペレーション以外の会場演出などに関してはプロに頼みました。プロがいることで、何か起こっても対応してくれるという安心感がありました。

大切なのは何かを感じてもらうこと

1時間という限られた式典の中でできることは限られています。無理に変えたり増やす必要はありません。しかし、常に新しいことにチャレンジすることで、迎える私たちも緊張感を持ち続けられます。年に1度のこのイベントで参加者全員に何かを感じてもらい、「team ANA」の一体感を醸成していくことが私の仕事です。

担当者からの声

田邊幸大
Yukihiro Tanabe

大規模な式典で重要なことはオペレーション力です。ANA様はオペレーションのプロフェッショナル。プロの私たちも学ぶべき事が多くありました。ご担当者様にはオペレーションに集中していただき、その他の業務を私たちが行う。プロ同士の役割分担と信頼関係が一つになったからこそ「team ANA」の入社式ができました。

CONTACT

お問い合わせ