立ち上がれ、ダイバーシティ!ガンダムは撤去しても、多様性は撤廃しないでください

Engage+

「ダイバーシティ」という言葉を最近、よく見聞きしないでしょうか?

直訳すると「多様性」という意味になり、近年ではワークライフバランスとセットとなって論じられています。

近年の採用活動では、この「ダイバーシティ」の流れを受けて、年齢、性別、国籍、学歴、セクシャリティ、価値観、ライフスタイル、雇用形態など、多様な人材を積極的に活用しようという取り組みが注目されています。

今回は、「企業の魅力度がアップする」という切り口から、「ダイバーシティ」を推進するメリットをご紹介したいと思います。

多様な市場ニーズを満たし、市場で有利になる

9_(5).jpg

多様な人材を揃えることで、組織としての視野が広がり、多くの市場を発見できます。

新たな市場の機会を特定し、ユーザーにアプローチするには、多様なバックグランドから得られる知見が必要です。

性別、年齢、国籍、宗教等の多様性を受け入れる事で、多様なスキルと言語や文化的理解が進み、様々な市場での競争力が蓄えられます。

Harvard Business Reviewの記事How Diversity Can Drive Innovationによると、ダイバーシティ推進企業が前年比で市場シェアを拡大する確率は、そうでない企業と比べて45%高く、新市場を獲得する確率は70%高い、という調査結果を報告しています。

問題解決能力が高まり、ピンチに強くなる

9_(1).jpg多様な人材が揃うことで、組織としての視野が広がり、一つの事柄を多角的に評価できるようになります。

スコット・E・ペイジ氏(ミシガン大学教授、経済学者) は、著作「多様な意見」はなぜ正しいのかの中で、「多様性」は問題を解決する際に必要不可欠な要素であり、「個の能力」に勝る、と述べています。

同氏は、それぞれの個人の能力は高くても、個性が均一的な集団では、個人で働いた場合と組織で働いた場合でも、さほど変わらないパフォーマンスになると言います。

一方で、多様性がある集団は、適切なマネージメントのもとに管理された時、似たり寄ったりのエリート集団よりも、集団としてより良い結果を生む、という驚くべき調査結果が科学的に検証されているのです。

採用力が向上し、組織が強くなる

9_(3).jpg雇用形態の制限が緩和されることで、特殊なニーズを持つ優秀な人材を採用しやすくなります。

企業にとって優秀な人材の確保が命題となる中で、次のような興味深いデータが存在します。

平成28年(2016年)集計の総務省統計局の労働力調査結果によると、非正規の職員・従業員が、今の雇用形態を選んだ理由として、「自分の都合のよい時間に働きたいから」が最も多く挙げられているのです。

もちろん非正規の職員・従業員全てを優秀な人材と捉えることは出来ませんが、企業は、雇用者の働き方に柔軟に対応し、フレキシブルな就業時間やリモートワーク、在宅勤務を奨励する事で、自由な働き方を好む優秀な人材を確保すべきでしょう。

差別が減り、離職率が減少する

9_(4).jpg

ダイバーシティ採用を、組織のルールとして取り入れ、明示する事で、差別が生まれにくい環境を作る事が極めて重要です。

これにより、「マイノリティ」とされてきた人々の体感職場環境が改善し、組織の離職率減少が期待出来ます。

実際に、全社の離職率が0.9%というアサヒビール様では、「女性活躍推進担当」部署を設立し、女性が主導して、女性の活躍支援とダイバーシティを推進するプロジェクトや施策を実施しています。

ダイバーシティで企業の魅力が向上

2017年2月に開催された、「勤務先としての企業の魅力度」を評価するランスタッドアワード2017では、CSR活動に「ダイバーシティ推進」を掲げる日清食品ホールディングス様が総合1位に選出されました。

「ダイバーシティ」を取り入れた組織は、働き手にとっても、社会的にも、総合的に「企業の魅力」が向上します。

これを機会に、改めて、皆様の組織の中での「ダイバーシティ」について考えるきっかけになれば嬉しく思います。

参考文献

How Diversity Can Drive Innovation(Harvard Business Review)

日本の人口・就業者・失業率の推移(世界経済のネタ帳)

労働力調査(詳細集計) 平成28年(2016年)平均(速報)結果(総務省統計局)

ダイバーシティ・マネジメントによる社会変革 ―ダイバーシティは格差是正を超えて新たな企業価値創造のトリガーとなりうるか(みずほ情報総研)

【キーマンズ・インタビュー】驚異の定着率を誇るアサヒビール--林雅子・人事部キャリア開発・ダイバーシティ推進担当部長に聞く(東洋経済ONLINE)

ランスタッドアワード2017 ハイライト(Ranstadaward2017 HP)