古典的だけど効果的!今こそ社内表彰を見直してみよう

イベントノウハウ

社内表彰制度というと、どのようなものをイメージしますか? 「永年勤続表彰」「営業成績優秀賞」「無遅刻無欠勤表彰」など、あなたの働く会社でも導入されているものがあるかもしれません。

こうした制度は、一見、古典的ながらも、社員のモチベーションアップや社内の雰囲気を明るくする効果があります。最近では、独自のユニークな表彰制度を取り入れている企業も少なくないようです。いったいどのようなものがあるのか、さっそく見てみましょう。

同僚から評価される制度

お弁当やケータリングなどの宅配サービスを手がけるスターフェスティバル株式会社で導入されているのは、「スタフェスセクシー賞」という表彰制度です。

これは、月ごとに頑張っているスタッフを表彰するというもの。“頑張っている”の定義はさまざまで、まわりに良い影響を与えた、仕事に対する姿勢が良い、優れた業績をあげたなどがその対象となります。

頑張っている社員を表彰するのは、一見ありふれた表彰制度のように感じるかもしれません。しかし、「スタフェスセクシー賞」がユニークなのは、受賞者の選定方式にあります。

社内表彰というと、経営陣から社員へとトップダウン式のものがほとんど。しかし、同社の表彰は、スタッフそれぞれの投票によって選ばれます。さらに、投票用紙には「なぜこの人を選ぶのか」という理由を記入する欄があり、その内容は投票されたスタッフ全員にフィードバックされるのです。

そのため、たとえ受賞から漏れてしまったスタッフでも、自分がどのくらいの票をもらったのか、その理由は何であったかが分かるようになっているのだとか。こうした表彰の仕組みであれば、自分のその月の頑張りが投票数という尺度で表されるため、仕事のモチベーションにもつなげやすいのではないでしょうか。

失敗すると表彰される!?

「失敗は成功のもと」とよく言われるように、失敗するのは必ずしも悪いことではありません。むしろ、失敗を反省し改善点を見つけることで、その後の大きな成功につながることもあります。しかし、現実的には失敗をポジティブなものとして捉えてくれることはあまりなく、叱責されたり、能力がないと見なされてしまったりするケースも少なくありません。

そんな状況を改善したいと、失敗したことを表彰する制度を作ったのが太陽パーツ株式会社です。同社では「挑戦したから、失敗する。挑戦のない会社には、失敗もない」という社長の信念に基づいて、「大失敗賞」という名前の表彰制度を作りました。これは、社員の失敗に対して、年2回社長自らが表彰を行うというもの。受賞者には表彰状だけでなく、金一封も送られます。

同社にとって「大失敗」は、ノウハウを構築し、後の事業に役立てることができる大切なもの。こんな表彰制度があれば、たとえ失敗したとしても「また次、頑張ります!」と明るく言うことができ、何より新しいことにチャレンジする気運も生まれやすいのではないでしょうか。

社内表彰って、そもそも効果があるの?

なかには、社内表彰の効果について疑問を感じている方もいるのではないでしょうか。確かに、表彰という制度自体、少し古典的なイメージあるかもしれません。また、社員の業績に対する評価は人事面や給与、賞与で行われることが多いのに対し、社内表彰は物質的に何かをもらえるものではないことを指摘する人もいます。

しかし、自分のやってきたことが「表彰」という形で注目されるのは、気持ちの面で大きな効果があることも確かです。特に従業員数の多い会社では、多少の労力を費やしてもそれが目に見える形にはなりにくく、モチベーションにつなげるのは簡単ではありません。

そんなとき、「表彰」という形で自分の労をねぎらってもらえれば、自分の仕事を評価してくれているという安心感を持て、上司や会社に対する信頼にもつながります。苦しい時でも「ちゃんと見てくれているのなら、もう少し頑張ってみよう」という気持ちにもなりやすいでしょう。

「褒められて嫌な人はいない」とはよく言われる言葉ですが、褒めることで社員のモチベーションや信頼感にもつながるのが社内表彰制度のメリット。「今どき古くさい!」なんて思っている方こそ、一度見直してみてはいかがでしょうか。

参考: