会社でハロウィン?社内で季節イベントをやるべき理由

イベントノウハウ

ここ数年、日本でもすっかりイベントとして定着した「ハロウィン」。ハロウィンの醍醐味はなんといっても「仮装」ですが、社内イベントとして仮装をやっている会社が増えているそうです。大人が本気になってやる仮装は、個性があふれて楽しいもの。ぜひ、あなたの会社でも取り入れてみませんか?

なぜ、ハロウィン=仮装?

もともとハロウィンは、秋の収穫を祝い、悪霊を追い払う宗教的な祭りでした。現在ではアメリカやイギリスなどの英語圏で民間行事として定着しており、カボチャの飾りつけや、仮装をした子どもが「Trick or treat!(お菓子をくれないといたずらするよ!)」と言いながら、家庭をまわってお菓子をもらうイベントが有名です。日本では、1983年にキディランド原宿店が行った仮装パレードが最初だといわれています。

社内イベントでハロウィン仮装をやるメリットは?

1.なんといっても楽しい!

あこがれの職業の制服や、普段は着られないドレスを着てみたい。子どものころ好きだったヒーローの格好をしてみたい。人にはだれしも「変身願望」があります。そんな願望をかなえるのが、「仮装」です。

最近は、量販店やバラエティショップなどで専用のグッズも売っており、意外と手軽に挑戦することができます。テーマを決めて数人で衣装を統一するもよし、手作りをするもよし。準備に少し手間はかかりますが、当日は「着るだけ」なので、ハロウィン仮装はだれでも簡単に楽しむことができるイベントなのです。

2.社員の意外な一面が……!?

厳密なルールはないので、社員はそれぞれ思い思いの格好をします。「普段おとなしそうな女子社員が濃いメイクで魔女に変身!?」「部長があのアニメの主人公の格好をするなんて……実はアニメ好きだったんだ!」など、社員の意外な一面を垣間見ることができるかもしれません。
また、仮装テーマをきっかけに、普段あまり話さない他部署の社員とも交流を深めることができます。

3.実はお手軽!会社初のイベントとして最適

社内イベントというと、企画する側である総務部が大変なのでは? と思われるかもしれません。しかし、ハロウィンイベントは意外とお手軽。社員がそれぞれに仮装のための衣装を用意するので、企画側はあまり負担がありません。これまで社内イベントを行う機会がなかったのなら、会社初のイベントとして開催してみてはいかがでしょうか?

本格的な社内イベントにしたい場合は?

前述のように、準備を社員個人に任せて簡易に開催する方法もありますが、イベントプロジェクトを発足して大々的に行うことも可能です。各部署から1名ずつメンバーを選出し、「ハロウィンプロジェクトチーム」を立ち上げれば、部署間の交流に一役買うことができます。

また、当日は仮装するだけでなく、終業後に懇親会を開催してもよいでしょう。ハロウィンのカボチャにちなんだ料理やお酒を用意したり、室内の飾りつけをしたりすると、気分もぐっと盛り上がります。「逆Trick or treat」と称して、仮装したプロジェクトチームが仕事中の従業員にお菓子を配ってまわるというサプライズを行った会社もあるそうです。

社内イベントの楽しい様子を社外にアピールしない手はありません。エントランスをハロウィン仕様にデコレーションたり、イベントの写真をコーポレートサイト、Facebook、Twitterなどに掲載したりして、積極的に社外へ情報発信していきましょう。社員が楽しむ様子は、会社のイメージを向上させること間違いなし。社員間のコミュニケーションを活性化し、会社のイメージアップができれば、まさに一石二鳥といえるでしょう。

参考: