顔ハメ看板ニストの顔ハメ看板探訪記(vol.6)

ちょっと一息

みなさん、こんにちは。顔ハメ看板ニストの塩谷と申します。

顔ハメ看板というのはみなさんご存知、観光地とかに置いてあったりして、穴から顔を出して記念撮影するアレのことです。

顔ハメ看板の刹那さ

さ1,ペンギン.jpg

看板にハマっていない時にはサラリーマンをしているのですが、つい先日、勤めている会社の顧問(70歳の取締役)から、「塩ちゃんの好きなやつ、南武線に乗っていたら偶然見つけたよ。」と教えていただきました。こういうときに顔ハメ看板ニストとしては「谷保から矢川の途中、右手に見えるペンギンの看板ですよね?」と返せなくてはいけません。

 顧問の感心に寂しさが折り重なった溜め息を受けながらの今日の一枚、イベント関係のデザイン・オブジェ制作などをされている、イデア・アートさんのアンテナショップ、ジャッキンボックスワールドさんのペンギン看板です。

 南武線の車窓から見られる顔ハメ看板。谷保駅からほど近い場所にお店があるので、電車に乗りつつ発見すると、矢川駅に早く着かないかなと、あたふたできるのがこの看板のよいところ。車道に向かって置いてあるのもなかなかスリリングです。

 ハマりに伺ったときに、お店の方に話をお聞き出来たのですが、本当は毎月のように更新したいんだけど、忙しくてなかなかね、とのこと。このペンギンも、ハマりに行ったら違う看板に変わっているかもしれません。刹那的なところも顔ハメ看板の魅力の一つです。

3,ねずみ.jpg

ちなみに以前は、胸元に用途不明のメモ帳らしきものが付いているネズミの看板でした。

他のブログもどうぞ