顔ハメ看板ニストの顔ハメ看板探訪記(vol.5)

ちょっと一息

みなさん、こんにちは。顔ハメ看板ニストの塩谷と申します。

顔ハメ看板というのはみなさんご存知、観光地とかに置いてあったりして、穴から顔を出して記念撮影するアレのことです。

手作りから滲み出る優しさ

さ1,火の用心.jpg

本所消防署緑出張所

人に説明する時には、観光地とかによくあるなどと言うのですが、実際はそこら中にありますの顔ハメ看板です。デジタルカメラやスマートフォンの普及で、ますます写真を撮ることが身近になってきたことが、そこら中に置かれるようになった理由の一つだと思われるのですが、まあとにかくいろいろな場所に設置されています。

大人は首にも用心!

そういったわけで今回の一枚は、本所消防署緑出張所さんのキュータくんです。意外に思われるかも知れませんが、実は消防署・出張所は顔ハメ看板が設置されがちなスポットなのです。防災フェアなどのために作られているケースが多いようなのですが、もったいないからと常設しているところもあったり、普段は倉庫に仕舞っているところもあったり。

ほとんどが署員さんの手作りなので、味わい深いものが多いのが特徴。古くからあるものは写実的なものが多いですが、近年キュータくんモチーフが増えています。

そんな消防看板の中でもこちらは、穴の抜きっぷりが素晴らしい一枚。キュータくんの目には穴を開けたくなかったという親心。結果的に口から飛び出しているような構図の看板ですが、ジャストサイズの穴が、またその勢いを煽ります。数ある消防看板の中でも、空を飛んでいるキュータくんという構図は珍しいということも付け加えておきます。

みなさんも近所の消防署に顔ハメ看板がないかチェックしてみてください。外に出ていなくても倉庫に眠っている可能性はありますので。

3,火の用心裏側.jpg

横から見ても手作り。角度がついているので、大人がハマると首が疲れます。

 

他のブログもどうぞ