顔ハメ看板ニストの顔ハメ看板探訪記(vol.7)

ちょっと一息

みなさん、こんにちは。顔ハメ看板ニストの塩谷と申します。

顔ハメ看板というのはみなさんご存知、観光地とかに置いてあったりして、穴から顔を出して記念撮影するアレのことです。

送水口好きなあなたにぜひ!

サ2宇宙.jpg

送水口博物館

建物の壁にくっ付いていたり、地面からニョキっと伸びていたり、たぶん見たことのない人はいないと思われますの送水口です。なかなか眺めていると愛くるしい存在なのですが、実はマニアの人が何人もいたりの、奥深い世界。その送水口の博物館が去年の11月にオープンしまして、そこがまた素晴らしい施設なのです。

飛び込む勇気が大事

というわけで本日の一枚は、たぶん世界でこれだけかもな、送水口になれる顔ハメ看板。手持ちタイプです。

勢いのある構図ですが、なかなかのハマり具合。女性社員の方の発案だそうです。博物館なら顔ハメ看板ですよと。わかってらっしゃいます。

送水口博物館さん、見所がだいぶいろいろとありまして、実際に行かれることを強くオススメします。注意すべきは開館日で、現在木曜日と隔週土曜日のみとなっていますので、行かれる際は事前にホームページでの確認を忘れずに。

あとは入り口がかなり分かり辛いというか、中華料理屋さんしか見えないようになっていますので、そこは半信半疑で階段を登っていってください。

登った先では館長から「よく勇気を出してここまできましたね」と、労いの言葉を掛けてもらえることと思います。私がそうだったように。

2宇宙2.jpg

他のブログもどうぞ