顔ハメ看板ニストの顔ハメ看板探訪記(vol.15)

ちょっと一息

印刷業界の技術向上により、最近では映画館とかレコード屋さんとかに行っても結構立派なPOPがバンバン置かれています。

顔ハメにする穴開け加工も機械でできるから楽チンなのでしょう、顔ハメ看板もこの手のものが増えてきています。

世の中に顔ハメ看板が増えるのは良いことだと思うのですが、量産されていくというのは味気なくも感じます。

やはり昔ながらの木板に手描きは味わいがあって良いものです。

というわけで本日の一枚は、絵描きの苦虫ツヨシ作、ポニピリカさんの顔ハメ看板です。

ポニピリカさんは下北沢の、化学調味料を一切使わないスープカレー屋さん。この日は大宮でやっていたイベントに出店されていました。

作者の苦虫ツヨシさんは何枚も顔ハメ看板を作られている作家さん。

画風といい構図といい素晴らしい作品が多いです。

15-2.jpg

あと穴のサイズも。好きで作られているのがよくわかります。

これからも是非続けていただきたいです。

他のブログもどうぞ